ハンコと印鑑の違い

今では、日常生活およびビジネスの場面で取り交わされる書面には印鑑が必要とされています。
様々な場面でこの印鑑には、自身が承認および証明しているというような意味合いで重要なものとされています。
よく「印鑑」と「ハンコ」を混同してしまう方がいらっしゃいますが、全く別物です。


そもそも「印鑑」とは、捺印をした時に書類などに残る文字、つまり、印影のことを表します。
一方、ハンコとは、その印影をつけるための物を示しており、正しくは「印章」と呼びます。
この違いを覚えておくことで、日常で印鑑について交わされる会話に間違いがあるということに気づきます。
例えば、「ここに印鑑を押してください」という会話をよくされているかと思いますがこれは間違った日本語であり、正しくは、「ここにハンコを押してください」となります。
ビジネスの場では、たったひとつの印鑑で多額のお金が動くことがあるほど重要なものであり、必ず自身専用のハンコ(印鑑)を持っていなければいけません。
もちろん、家族同士であっても共有することができないものです。


しかし現在では、機械化の浸透により大量生産が可能となり、ハンコ職人が減少してしまっています。
そのため、同じ印鑑を持つハンコがいくつも世に出回ってしまっているという現状にあります。
大量生産されている印鑑に違いがないため、悪用されてしまう可能性があります。
そのため、印鑑を購入する際には、その使用用途を考えて購入しなければなりません。



◎PICKUP-SITE
ビジネスの場面で必要となる印鑑を購入できる通販サイトです … 印鑑 通販

Copyright © 2014 意外に知らない印鑑の世界 All Rights Reserved.